設立10周年を迎えます。

平成28年度、日光門前まちづくりは設立10周年を迎えます。
設立以来ここまで活動を続けて参れたのも、皆様のご支援あっての事です。
感謝申し上げます。

プリント

プリント

当法人は、10年前の2006年に「日光東町みんなのまちづくり」としてスタートしました。
以来、東町地区の大通りのセットバック事業(街並みのリニューアル)が進む中、まちづくりのテーマ「祭(いのり)のまち」を具現化すべく活動を継続しております。
このテーマは、様々な「祈り」の気持ちが集まり、社寺や地域で行われる新旧大小様々な「祭り」を核としたコミュニティに育まれた土地柄・生活文化があることを地区の最大の特徴として捉えたものです。

常に「住民主体」でありつつも、様々な団体・セクションとの協働を重ねて参りました。
また、小さい組織ながらも多様な事業に挑戦して参りました。
活動4年目の2010年からは、活動エリアを元来の日光市域の中心部たる日光門前地区全体に拡大、名称も「日光門前まちづくり」と改称いたしました。
おなじく活動4年目頃からは、青空市「日光マルシェ」や、まち歩きガイドツアー「日光ぶらり」などの現在の主軸となる事業を開始しています。
日光マルシェは実行委員会形式に移行し、まちを楽しんでいただける方の数も増えています。
まち歩きも、地域を知り、楽しむための重要なコンテンツとして、徐々に認知を拡げております。

しかしながら、日本の地域・地方を取り巻く人口や経済の状況は大きく変わってきています。
今後はこれまでの成長・拡大できる情勢からは一転し、限られたリソースの中でのまちづくりが必須となります。
観光も、より丁寧で血の通ったものである必要があります。

活動10年目を機に、地域の課題をもう一度見つめ直し、次の十年、次の世代を見越した地域のまちづくり、エリアマネジメントを担える組織として、邁進して参りたいと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

(役員一同)

※Facebookページは、10周年仕様カバーにしています。(上記画像)
コチラから▼
https://www.facebook.com/nikkomonzen/

\時は来た/日光ぶらり2016春、開催します!!

\日光ぶらり2016春、開催!/
5月29日(日)、日光マルシェの開催に併せて、まち歩き「日光ぶらり」を開催します!

今回は新たなコース、新たなテーマで2コース。

一つは、古地図!!
そしてもう一つは、食べ歩き!!

新人ガイドの案内で、新緑の日光門前をぶらぶらとお楽しみつくしてください。
あなたの知らなかった「もう一つの日光」がきっと待っているはずです。

新春日光ぶらり第二弾

チラシPDF版はコチラから▼
2016春の日光ぶらり

 

 

CIMG8305

2015年5月開催時

12512690_570678989746695_4729012222207570686_n

2016年1月開催時

■日時:平成28年5月29日(日)
▷西町コース:10:30〜12:00
▷東町コース:13:30〜15:30
■テーマ
▷西町コース:古地図×西町さんぽ
▷東町コース:ちょい食べ日光グルメ×東町さんぽ

■お申込み

▷お申込みフォームはコチラから▼(追加)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/323b886c438459

▷mail又はFAXの場合はコチラから▼
nikkomonzen☆gmail.com

FAX:0288-54-2032
(☆を@に変えて送信下さい)

・お名前、連絡先、年齢、ご希望のコースなどご記入の上お申し込み下さい。
・定員20名、お申込み多数の場合は先着順で、予定数に達し次第〆切とさせていただきます。

それでは、たくさんのご参加お待ちしています!!(^o^)/

▶過去の関連記事
新春日光ぶらりを開催しました!(2016.1.20)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1267

ナイトウォークを開催しました!(2015.11.27)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1223

日光ぶらりを開催しました!(2015.6.3)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1063

(事務局)

日光門前まちづくりのサイトメンテナンスについて

日光門前まちづくりのウェブサイトがサーバーメンテナンスの為、一時ご利用いただけなくなります。
メンテナンス日時:2016/5/10(火)午前1時〜午前8時までの間で最大約2時間
メンテナンス時には、ご迷惑をお掛けしますが、時間を置いてアクセスをお願いします。
(事務局/編集部)

日光弥生祭、終わりました。

年が明けて、年度末で忙しくしていると、あっと言う間に日光弥生祭の季節が。

「日光の春は弥生祭から」の言葉の通り、お祭りが春を連れてやってきます。

IMG_3655

IMG_3705

今年は、日光開山1250年の大きな節目の年ということもあり、輪王寺黒門前での拝礼もありました。

13043478_838166579645678_3773368637751522135_n

撮影:舟越隆裕様

境内では雨のため立ち使者口上となりましたが、その後雨も上がって、無事に祭りは終わりました。

13010673_808504729294234_4033742964246159023_n

撮影:奈良部真弓様

 

13051598_808504809294226_7424591794543977474_n

撮影:奈良部真弓様

 

今年も、春〜新緑の季節。

5月には東照宮の例大祭もあります。

爽やかな季節、是非日光へお運びください。

<事務局>

世界文化遺産 富岡製糸場を視察しました。

節分は過ぎてもまだまだ冬の真っただ中ですが、
2月6日(土)、世界文化遺産地域連携会議の井戸智樹さんからお誘いをいただき、
岡井理事長、日光市の川村観光振興課長と、お隣の群馬県、上州・富岡へお邪魔致しました。

富岡と言えば、高崎からレトロな上信電鉄の電車に揺られて約30分。
一昨年、世界遺産に登録された「富岡製糸場」のお膝元ですね。

12640233_818180814971576_2646147758764320307_o

11935169_818180921638232_520287799839788955_o

現地では、関係者の方に製糸場の内部はもちろん、富岡のまちなかもご案内いただき
ました。

IMG_0044-1

IMG_0043

IMG_0188

製糸場の入場者数は、登録前年に比べて3〜4倍に増えたということですが、
この来訪客をどう持続させるか、どう観光振興に結び付けていくかが課題とのこと。
製糸場それだけでなく、地域全体を巻き込みながら、より広域での取り組みを見据え
て努力をされている様子を見させていただき、大きな刺激を頂戴しました。

群馬、栃木は同じ北関東でお隣同士。
これからも、“世界遺産繋がり”で情報交換や連携について模索していければなと思
います。

12646637_818181218304869_8314784931338384795_o

お誘いいただきました井戸様、
富岡市の中嶋企画政策課長様、群馬県立女子大学の熊倉先生はじめ関係者の皆様には大変お世話になりました。
ありがとうございました。

日光にも是非お越し下さいませ!

<事務局長・小池>

日光総合支所庁舎に関する提言書が提出されました

現日光総合支所の庁舎新設移転に伴う、現庁舎の利活用を探るための委員会「日光総合支所庁舎活用検討委員会」が、2014年11月からはじまり、約1年に渡り、市民委員により検討が進められました。

この検討内容が、この1月に「日光総合支所庁舎有効活用に関する提言書」としてまとめられ、斎藤文夫日光市長に提出されました。

提言書表紙

▼提言書はこちら(PDFでダウンロードできます)
●本編
提言書(本編・軽)

●資料編(その1〜その5)
提言書(資料編その1・軽)

提言書(資料編その2・軽)

提言書(資料編その3・軽)

提言書(資料編その4・軽)

提言書(資料編その5・軽)

●活用のキーワードは「歴史と文化に基づく観光施設」
有効活用のキーワードとして、まちの歴史や文化をまちの目線から発信できる「歴史と文化に基づく観光施設」を挙げています。

●活用案
観光拠点として、展示機能や学習、教育施設、休憩や貸しスタジオ等の機能、官民連携のまちづくりの拠点などが挙げられています。

■NPO法人日光門前まちづくりとしての考え方
当法人も検討委員会の一員としてこの検討にあたりました。
市民(委員)からの提言として、委員会内での意見を網羅的に盛り込んだ提案書になっているとも言えます。
さらに検討を重ねて、具体の活用策を見いだすための、これがスタートとも言えます。
これを受けて、今後の行政の動きにも注目です。
 本件に関するワーキンググループの設置など、更なる協働検討の場が持たれ、官民協働の「活用」プロジェクトとなることを願います。
 当然ですが、「活用」は施設を供用することがゴールではありません。

※昨年8月末に開催したワークショップ「知ろう!語ろう!旧日光市役所庁舎」の様子は次のエントリーでお届けします。

▶過去の関連記事
ワークショップ「知ろう!語ろう!旧日光市役所庁舎」を開催します!(2015.8.4)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1161

「日光総合支所庁舎の見学会」を開催しました。(2015.7.31)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1133

日光総合支所庁舎の見学会を行います!(2015.7.13)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1114

日光総合支所庁舎の活用についてプレワークショップを行いました。(2015.5.12)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1032

日光総合支所庁舎活用の検討委員会がはじまりました。(2014.12.19)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=959

<事務局>

「日光ぶらり」のFacebookページができました!

日光門前のまち歩きガイドツアー「日光ぶらり」のFacebookページができました!

開催情報等はこのこちらにアップいたしますので、Facebookをお使いの方は是非フォローして下さい。
(このブログでも開催情報はいたします。)

日光ぶらりFacebookページ宣伝-01

▼コチラから。
https://www.facebook.com/nikkoburari/

また、日光門前まちづくりのFacebookページもございますので、合わせてフォローをお願いいたします。

NPO日光門前Facebookページ宣伝-01

▼コチラから。
https://www.facebook.com/nikkomonzen/

<事務局>

新春日光ぶらりを開催しました!

新春は、ブラタ●リを辿って日光ぶらり。
1月10日と16日の2週に渡って「新春日光ぶらり」を開催いたしました。

1月10日(日)は日光東照宮編。
番組中にタモリさんを案内された、殿堂案内の春日さんに輪王寺・東照宮を案内いただきました。
限定20名はあっという間に定員になりました。
地元日光はもとより、仙台、東京、横浜そして長崎からも参加をいただきました。

この日の東照宮は大賑わい。人混みの間を抜う用に、説明を聴きながら進みました。

「日光東照宮は江戸のテーマパーク」と紹介されていた通り、万象結集したエンターテーメントな空間でした。
陽明門(改修工事中)を日暮しの門と呼ぶ通り、東照宮の見どころを拾い出したらいったいどのくらいの時間が必要になるものかと、途方もない事に思いを馳せてみました。

IMG_1502

IMG_1491

IMG_1493

IMG_1498

12487196_994968357229388_4707149157819491259_o

東照宮見学後は、希望者で金谷侍屋敷(歴史館)での見学とランチを。

ここでも、番組中に登場しタモリさんをご案内されていた館長の坂巻さんからご説明をいただけました。

「日光が“NIKKO”になった原点」ともいえる場所です。
一軒の侍屋敷を外国人旅行者に開放したことで、江戸以降のNIKKOの歴史がはじまります。

建物は、補修・改修されつつも往時を今に伝える佇まいがあります。また、庭にはイザベラ・バードの精巧なスケッチに残る木が今でも残っています。

IMG_1729

400年前の日光と、150年前のNIKKOを感じながら、時の重なりを大いに感じることのできる一日となりました。

翌週1月16日(土)は門前町編。

こちらも番組中にタモリさんが立ち寄ったスポットを辿るコース取りとなりました。
昨秋の日光ぶらりのテーマに続き、「日光の門前町はどうやって作られたのか?part2~社寺を支えた門前町」と題して、午前中は西町を、午後は東町を巡りました。

12512690_570678989746695_4729012222207570686_n

さらに今回は、番組風に各コースにテーマを設けました。

西町は「江戸時代、西町には誰が暮らしたか?~西町の生業を探る」と題して、西町という町の成り立ちと生業(なりわい)に注目しながら歩きました。
東町は「“はじまりの日光”と東町を守った地形、作った地形」と題して、地形と町の成り立ちについて注目しながら歩きました。自然地形と人口地形に注目してみると、日光の町がいかに「守られてきたか」が分かります。
詳しくは、今後のツアーのネタバレになるといけませんので、ここでは省略いたします。(お楽しみに!)

12509707_568108943337033_6869912054590879430_n

12507286_570678949746699_6311125383149264406_n

12513792_1049037798480824_3725444513426665161_o

この新春日光ぶらりに参加された方々からは、
「日光に住んでいても気に留めたこともなかった・知らなかった」
「日光によく来ているけど、まだまだ知らないことがたくさんあった」
「修学旅行以来の日光東照宮だったが、春日さんの話しは面白く、理解も深まった」
という感想をいただいております。
参加くださった皆様、ありがとうございました。

また、特に門前町編については、次回開催の問合せや、またの開催をご希望いただく声を多数いただいております。

まち歩き「日光ぶらり」は今後も続けます。
様々なテーマ、様々なコースで、日光門前を楽しんでいただけるようにと思います。(反省をもとに、工夫を重ねたいと思います。)

どうぞ、よろしくお願いいたします。

<事務局>

新春日光ぶらり第二弾、参加募集!

お伝えしております、新春日光ぶらり第二弾の参加募集を開始いたします!

■[第二弾:1月16日(土)]
「日光の門前町はどうやって作られたのか?part2〜社寺を支えた門前町」

新春は、ブラタ●リを辿って、日光ぶらり

まちあるき「日光ぶらり」のガイドであり、ブラタ●リ日光編の番組取材にも協力、アドバイス役も務めた
NPO法人日光門前まちづくりのスタッフがご案内いたします。
番組でも登場した日光の門前町を巡ります。
また、登場しなかったけれど、候補として挙げていたスポットなどもご案内いたします。

スクリーンショット 2016-01-10 8.44.44

●開催概要
とき:平成28年1月16日(土)

西町コース:10:00〜11:30
テーマ▶︎江戸時代、西町には誰が暮らしたか?〜西町の生業を探る
番組登場スポット:金谷侍屋敷

東町コース:13:30〜15:30
テーマ▶︎“はじまりの日光”と東町を守った地形、作った地形
番組登場スポット:宮前だんご、民地内石段

<西町コースの集合・受付>
9:50 集合・受付(日光総合会館)
10:00 出発、日光総合会館→石枡の道→御用邸→金谷侍屋敷(見学)
→日光奉行所跡(解散)
11:30 解散(日光奉行所跡)

<東町コースの集合・受付>
13:20 集合・受付(神橋 板垣退助像前)
13:30 出発、上鉢石駐車場→鉢石→観音寺→日光総合支所
→下鉢石・新谷→宮前だんご(休憩)→大横町→
虚空蔵尊→稲荷神社→石屋町公園→東武日光駅
→JR日光駅(解散)
15:30 解散(JR日光駅)

<定員>
各コース20名(先着順)

<参加費>
各コース:1,500円(お一人様)
両コース通しでのご参加はお一人様2,000円
(当日、受付にてお支払下さい。)

<オプション>
●金谷侍屋敷でのランチ
番組後編に登場した、イザベラバードの宿泊で知られる侍屋敷です。
150年前、ここがゲストハウスとなったことで、日光の避暑地としての歴史がはじまります。
金谷ベーカリーが提供するランチを、ご希望の方と
1日通しコースにご参加される方には、特におすすめです。
※ランチ代は各自ご負担願います。

<申込方法>
お申し込み期限:1月15日まで。ただし、20名限定先着順につき定員に達し次第締め切ります。
お申し込み先(お問い合わせ先):NPO法人日光門前まちづくり事務局 まで
メール nikkomonzen@gmail.com
FAX 0288-54-2032
お名前、住所、参加人数、当日の連絡先(携帯電話番号等)、
オプション参加の有無を記載の上、お申込下さい。
追って受付票を発行致します。

<事務局>

《新春日光ぶらり開催!》新春は、ブラ●モリを辿って、日光ぶらり。

\ブラタ●リ放送記念 新春の日光ぶらり、やります!!/

SONY DSC

日本全国を駆け回る、いや、ブラブラと歩きまわるあの番組がついに日光へ。
番組中に登場した場所や痕跡はもちろん、放送では入りきれなかった(であろう)箇所などもご紹介するツアーを開催します。
まちあるき「日光ぶらり」のガイドであり、ブラ●モリ日光編の番組取材にも協力、アドバイス役も務めたNPO法人日光門前まちづくりのスタッフがご案内いたします。

・・・・・・・・・・

■[第一弾:1月10日(日)]日光ぶらり、遂に東照宮へ!
「タ●リさんを案内した“堂者引き”の春日さんと行く日光東照宮」

タ●リさんを案内した春日さんのガイドで東照宮を巡ります!
おなじみの彫刻や番組に登場した鳥居や石畳、唐門など、江戸のテーマパークともいえる空間を楽しみましょう!
特別かつお得なツアーです。初詣と一緒にいかがでしょうか?
番組のこぼれ話しなども伺えるかも!?

●開催概要
とき:平成28年1月10日(日) 10:00〜12:00

<集合・受付>
9:50 集合・受付(神橋・板垣退助像前)
10:00 出発、日光東照宮へ
12:00 解散(輪王寺三仏堂前※予定)

<定員>
20名(先着順)

<参加費>
3,000円(お一人様)
(当日、受付にてお支払下さい。)
・東照宮拝観券、ガイド料、ガイド指名料は参加費に含まれます。

<オプション>
①金谷侍屋敷の見学+ランチ(12:30〜13:30頃)
番組後編に登場した、イザベラバードの宿泊で知られる侍屋敷です。
150年前、ここがゲストハウスとなったことで、日光の避暑地としての歴史がはじまります。
館の方にご案内いただく予定です。(もしかしたら、番組にも登場した館長さんにご案内いただけるかも!?)
東照宮見学終了後、当NPO法人スタッフが現地までご案内いたします。
※入館料+ランチ代は各自ご負担願います。

②午後の日光東町さんぽ(〜15:30頃)
侍屋敷見学後、番組前編の門前町部分で登場した、御幸町周辺までご案内します。
日光東照宮の造営により新たにつくられた街はどのように発展したか。痕跡や地形も交えてご案内します。
途中タ●リさんも休憩したお団子屋さんで一休みをする予定です。
※参加費(ガイド料):1,000円(お一人様)

<申込方法>
お申し込み期限:1月9日まで。ただし、20名限定先着順につき定員に達し次第締め切ります。
お申し込み先(お問い合わせ先):NPO法人日光門前まちづくり事務局 まで
メール nikkomonzen@gmail.com
FAX 0288-54-2032
お名前、住所、参加人数、当日の連絡先(携帯電話番号等)、
オプション参加(①、②、もしくは両方)の有無を記載の上、お申込下さい。
追って受付票を発行致します。

1736_981156468610577_5748779450278974641_n
※チラシから一部変更点がございます。ご了承下さい。

・・・・・・・・・・

[第二弾:1月16日(土)]日光の門前町はどのように作られたのかpart2
番組中でタ●リさんの巡った日光門前の痕跡を巡ります。
この案内は、同番組の取材協力・構成のアドバイス役も務めた我々NPO法人日光門前まちづくりのスタッフが務めます!
※こちらのツアー詳細と、お申込み方法については近日発表いたします。

それでは、たくさんのご参加をお待ちしております!!

<事務局>