《日光ぶらり》5月のコースのお申込みを開始します!

「四月、五月は”まちあるき”の月」

日光ぶらり2017春/初夏のコースのお申込みを開始します!!

▼パンフレット(PDF)
日光ぶらり2017春初夏パンフ(両面)

5月のコース一覧です!
[5/3(水・祝)午前]「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?~東町の建築編
[5/3(水・祝)午後]「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?~西町の建築編
[5/4(木・祝)]謎解き稲荷町~なぜ稲荷町はここにある?!
[5/13(土)午前]ここが日光の玄関口だ!日光門前東町スペシャル
[5/13(土)午後]東町早わかり!日光門前東町ショートコース
[5/20(土)午前]西町には誰が住んだ?日光門前西町スペシャル
満員御礼![5/20(土)午後]西町早わかり!日光門前西町ショートコース 
→定員に達したため締切ました!

[5/21(日)午前]日光門前ちょい食べぶらり!
 →開催延期になりました。開催日程を決定次第、後日お知らせいたします。

■5月3日(水・祝)
▶午前:「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?~東町の建築編
10:30〜12:00
集合場所:JR日光駅前
参加費:1,000円/人

▶午後:「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?~西町の建築編
10:30〜12:00
集合場所:JR日光駅前
参加費:1,000円/人
※午前・午後通しでのご参加の場合は1,800円/日

■5月4日(木・祝)
謎解き稲荷町〜なぜ稲荷町はここにある?!
11:00〜12:00
集合場所:東武日光駅正面入口前
参加費:500円/人

■5月13日(土)
▶午前:ここが日光の玄関口だ!日光門前東町スペシャル
10:00〜12:30
集合場所:JR日光駅前
参加費:1,500円/人

▶午後:東町早わかり!日光門前東町ショートコース
13:30〜14:30
集合場所:JR日光駅前
参加費:500円/人

■5月20日(土)
▶午前:西町には誰が住んだ?日光門前西町スペシャル
10:00〜12:30
集合場所:日光総合会館正面玄関前
参加費:1,500円/人

満員御礼!▶午後:西町早わかり!日光門前西町ショートコース
13:30〜14:30
集合場所:日光総合会館正面玄関前
参加費:500円/人

新緑の日光。
その“奥深さ”に触れながら、ぶらぶら歩いて楽しんでみませんか?

お申込みはこちらから!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6ce9186d506697

mailの場合はこちら!
nikkomonzen★gmail.com
(★を@に)

FAXの場合はこちら!
0288-54-2032

※mail、FAXの場合は、お名前、連絡先、年齢、ご希望のコース名などご記入の上お申し込み下さい

<事務局>

《日光ぶらり》弥生祭お囃子稽古の見学ツアーを開催しました!

4月8日(土)と12日(水)の2日間、「弥生祭お囃子稽古の見学ツアー」を開催しました。

松原町の練習風景(8日)

両日とも定員の15名に達し、満員御礼での“見学&まちあるき”となりました。
(8日はキャンセルと途中離脱の方がいらっしゃいましたので、見学二町内目の石屋町さんでは見学人数が減りました。)

日光市内はもとより、県内(小山や栃木など)から、東京方面や遠くは大阪からもご参加いただきました。

スタートは東武日光駅前(8日)

まずは「弥生祭」の説明(概略)から。

1日目は、松原町さん、石屋町さんのお囃子の練習現場にお邪魔しました。
2日目は、石屋町さん、御幸町さん、稲荷町さんにお邪魔しました。
付祭当日以外の祭の様子も感じていただくため、今回は、会所や本家体展示場所なども巡り、それぞれ解説いたしました。

松原町会所の説明。説明は吉新筆頭頭役。(8日)

夜の稲荷町界隈にて。 稲荷神社の説明。小池事務局長から。(12日)

石屋町公民館にて、青年部組織やお囃子の説明。船山祭儀部長から。(12日)

参加された方からは「興味深かった」「弥生祭の見方が変わった」などと好評をいただいております。

石屋町の練習風景。(12日)

御幸町の練習風景。(12日)

稲荷町の練習風景。(12日)

石屋町の練習風景。参加者にはお子様も。(12日)

お子様連れで参加された方もいらっしゃいました。

御幸町の練習風景。楽譜もありました。(12日)

町内毎のお囃子の微妙な違いや、明らかな違い。
練習の場の空気感。その違い。
やり方、作法の微妙な違いなどを感じ取っていただけたかと思います。

お祭り当日のハレの日のみではなく、それまでの場面も観て頂きたい。
そういう想いから企画したものでしたが、想いと意図は(初回開催で手探りながらも)反映できたのではないかと考えます。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
また、ご協力頂きました各町様に厚く御礼申し上げます。

「日光ぶらり」は5月も盛りだくさんの「まちあるき」を行います!
日光の“奥深さ”をぶらぶら歩きながら楽しんでみませんか?
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1495

<事務局>

【残席僅か!】弥生祭お囃子稽古の見学ツアー、参加申込受付中!

4月8日(土)、12日(水)の夜開催の弥生祭お囃子稽古の見学ツアーは、両日とも残席僅かにとなりました。
定員に達し次第受付終了いたしますので、ご了承下さい。

詳細はこちらでご覧下さい▼
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1486

お申込みはコチラから▼
https://ssl.form-mailer.jp/fms/323b886c438459

<事務局>

[日光ぶらり2017春/初夏]弥生祭のお囃子稽古の見学ツアーを開催します!

【プレDC記念!】
日光の春告祭(はるつげまつり)
「弥生祭」お囃子稽古の見学ツアー
を開催します!

▽チラシ(PDF版)
弥生祭お囃子稽古の見学ツアー

ーーーーー

「日光の春は弥生祭から」

と、地元では言い伝わります。
まさにその言葉通り、日光に春を告げるお祭り・弥生祭。
東町・西町各町からヤシオツツジで彩られた花家体がまちなかを練り歩く4月16日の宵祭り、17日の本祭りですが、
実はこのお祭りのために、日光門前の各町内は3月下旬から4月の中旬にかけて、
毎夜「若衆(ワカイシ)」と呼ばれる若者や子供たちが集い、お囃子の練習や家体の飾り付けの準備などを行います。

江戸元禄時代から「まち」に脈々と受け継がれ、普段は見ることができないお祭の裏側を、この日限定で特別にお見せします!
お囃子の担い手である日光の子どもたちが一生懸命練習する姿を、是非見にいらしてください。

■開催概要
開催日程:平成29年4月8日(土)・12日(水)2日間開催
18:30〜21:00(※終了時間は目安です。)

■コース(予定)
▶8日(土)
東武日光駅(集合)→松原町公民館→石屋町公民館→稲荷神社・稲荷会館→高田家のしだれ桜→虚空蔵尊→東武日光駅(解散)

▶12日(水)
東武日光駅(集合)→石屋町公民館→御幸町公民館→稲荷神社・稲荷会館→高田家のしだれ桜→虚空蔵尊→東武日光駅(解散)

ご協力いただく各町内の公民館にて、お囃子練習を見学します。
※コースは天候や諸事情により変更になる可能性もございますので、予めご了承ください。

▶今回の案内人
各町内で若衆としてお祭りに携わるNPO法人日光門前まちづくりの役員がご案内いたします。
また、各町内でも解説などをいただく予定です。

■お申込み・お問い合わせ
最大募集人数:各コース15名(最少催行人数:1名)
お申込みは4/7(金)までですが、先着順で、定員に達した場合は締切とさせていただきます。

▼お申込み先
mail:nikkomonzen☆gmail.com (☆を@に変換ください)
FAX:0288-54-2032
・お名前、連絡先、年齢、ご希望の日にちなどご記入の上お申し込み下さい。
・受付票をご返信致します。受付票の発行をもって、申込完了となります。
(※定員にて締切の場合、その旨をご返信致します。)

【追加(3/24)】下記お申込みフォームからもお申込みいただけます!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/323b886c438459

主催:NPO法人 日光門前まちづくり
協力:御幸町自治会、石屋町自治会、松原町自治会、稲荷町自治会(順不同)

ーーーーー

日光弥生祭の、お祭り当日の「ハレの日」の様子はお馴染みかと思います。
しかし、そのハレの日までには、携わる町衆が様々な準備を進めます。
子どもたちを主に演奏・奉納される「お囃子」も、毎年3月下旬から町内ごとに練習が行われます。
今回は、そのお囃子の練習風景を特別に見学できるツアーを開催いたします。
各町内でのお囃子の微妙な違いも感じていただけると思います。

「日光ぶらり」としても、初開催のツアーです。(恐らく、お祭りの長い歴史の中でも初ではないかと思います。)
かつ、一年でこの時期にしか開催できないものです。

また、今回はぶらぶら歩きながら稲荷町界隈の歴史ある桜も一緒にお楽しみいただく予定です。

先着順、定員にて締め切ります。
お申込みはお早めにどうぞ。

<事務局>

2017年春/初夏の日光ぶらり開催予告第二弾!!

日光ぶらり開催予告の第二弾です!

新たなコースを加えた他、弥生祭お囃子稽古の見学ツアーの日程を発表します!

「四月、五月は”まちあるき”の月」

【日程決定!】[4/8(土)・4/12(水)]日光の春告祭「弥生祭」お囃子稽古の見学ツアー
[5/3(水・祝)午前]「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?〜東町の建築編
[5/3(水・祝)午後]「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?〜西町の建築編
[5/4(木・祝)]謎解き稲荷町〜なぜ稲荷町はここにある?!
[5/13(土)午前]ここが日光の玄関口だ!日光門前東町スペシャル
[5/13(土)午後]東町早わかり!日光門前東町ショートコース
[5/20(土)午前]西町には誰が住んだ?日光門前西町スペシャル
[5/20(土)午後]西町早わかり!日光門前西町ショートコース
【追加!】[5/21(日)午前]日光門前ちょい食べぶらり!

・お申込みについては、順次お知らせいたしますので、もう少々お待ち下さい。
・各コースの詳細については、追ってお知らせいたします。
・コースはまだまだ企画・準備中ですのでお楽しみに!

<事務局>

2017年春/初夏の日光ぶらり開催予告第一弾!!

2017年春/初夏の日光ぶらりを開催します。

日光ぶらり2017春

DSCN7129 のコピー

DSCN7122 のコピー

新コースも加えた充実のラインナップです!!

「四月、五月は”まちあるき”の月」

[4月上旬予定]日光の春告祭「弥生祭」お囃子稽古の見学ツアー
[5/3(水・祝)午前]「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?〜東町の建築編
[5/3(水・祝)午後]「日光」はなぜ「NIKKO」になったのか?〜西町の建築編
[5/4(木・祝)]謎解き稲荷町〜なぜ稲荷町はここにある?!
[5/13(土)午前]ここが日光の玄関口だ!日光門前東町スペシャル
[5/13(土)午後]東町早わかり!日光門前東町ショートコース
[5/20(土)午前]西町には誰が住んだ?日光門前西町スペシャル
[5/20(土)午後]西町早わかり!日光門前西町ショートコース

・今回の開催予告では、日時とまちあるきのテーマのみを発表いたします。
各コースの詳細については、追ってお知らせいたします。
・また、参加募集についても後日発表いたします。
・今回発表のコース以外にも企画・準備中ですのでお楽しみに!

<事務局>

【開催案内】日光ぶらり「秋の夜の西町さんぽ」開催します!

まちあるきガイドツアー、「日光ぶらり」の秋のツアー開催のご案内です。

恒例のライトアップ日光にあわせて、今年は西町コースをゆっくり、じっくり歩きます。
是非是非ご参加ください!!

 

新春日光ぶらり第二弾

■日時:平成28年11月12日(土)・13日(日) 18:30〜20:00
■コース(●は今年のライトアップスポットです。)
18:20 集合(日光二荒山神社ライトアップ日光ブース前)
18:30 日光二荒山神社より出発
→日光奉行所跡→●真光協会(※)→●金谷侍屋敷(※)
→●田母沢御用邸(※)→御用邸通→石田屋角→石升の道&板挽町家体庫
→●磐裂神社→沼尻神社→安川町角→
20:00 東武観光センター到着・解散

■最大募集人数(最少催行人数):各コース30名(1名) 先着順
参加者が定員に達した場合、締切とさせていただきます。
(但し、参加希望者が20名を超える場合、都合により2班編成でのまちあるきになることもあります。)
また、最小催行人数に満たない場合は、中止させていただく場合があります。

■ガイド(案内人)
地元のまちづくりに取り組む
・NPO法人日光門前まちづくり
・(一社)日光青年会議所
の所属のスタッフが、若手ガイドとして皆様をご案内致します。

■参加費
1,000円(お土産付き)受付時にお支払いください。

■お申し込み
▶mail、FAXの方
mail:nikkomonzen[at]gmail.comまたはFAX:0288-54-2032
・お名前、連絡先、年齢、ご希望の日にちなどご記入の上お申し込み下さい
・受付票をご返信致します。受付票の発行をもって、申込完了となります。
(※定員にて締切の場合、その旨をご返信致します。)
▶メールフォームから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/323b886c438459

【お問い合わせ】 9:00~17:00まで
ライトアップ日光2015実行委員会(日光商工会議所日光事務所)
平日担当:日光商工会議所 電話 0288-50-1171
土日祝日担当:日光市観光協会 電話 0288-54-2496

(事務局)

新緑の中、日光ぶらりを開催しました!

5月29日(日)

今年度初めての「日光ぶらり」を開催致しました!
この日は好天にも恵まれ、絶好のまちあるき日和。
日光市内はもとより、栃木県内各地、東京からのお客様にもご参加いただきました。

今回は、いつもの西町&東町を歩きましたが、西町は「古地図×にしまちさんぽ」と称して、飯村檀さん(日光門前まちづくり応援団)
のガイドで100年前の古地図を片手に、当時の様子を思い浮かべながら現在の西町を辿りました。

DSCN7129 のコピー

DSCN7122 のコピー

DSCN7119 のコピー

DSCN7120 のコピー

一方、東町は「ちょい食べ日光グルメ×東町さんぽ」と称し、ガイドの渡辺幸広さん(日光門前まちづくり応援団)
オススメの日光グルメを文字通り“ちょい食べ”しながら東町をぶらぶらと歩いてみました。

CIMG2396

CIMG2400

CIMG2403

CIMG2406

飯村さん、渡辺さんは共に20代で、この日がガイドデビュー!でした。
下調べもばっちり、若いお二人の個性豊かなガイドでいつもとは違ったまちあるきを楽しんでいただけたのではないでしょうか。
二人のガイドには今後も乞う、ご期待!

日光門前まちづくりでは、日光門前のまちなかをぶらぶら歩いて楽しんでいただく「日光ぶらり」を概ね季節毎に開催しております。
開催約1か月前までには、当法人のホームページにてご案内させていただきますので、是非ホームページをチェックしてみて下さい。

また、皆様のご要望に応じた日時・コース・内容でまちなかを楽しんでいただくオーダーメードのまちあるき「オーダーぶらり」も受け付けております。
日光門前のまちあるきにご関心のある皆様は、お気軽にご相談下さいませ!

▶お問合せ(事務局)
mail:nikkomonzen☆gmail.com
(☆を@に変えて送信下さい)

(事務局長・小池)

\時は来た/日光ぶらり2016春、開催します!!

\日光ぶらり2016春、開催!/
5月29日(日)、日光マルシェの開催に併せて、まち歩き「日光ぶらり」を開催します!

今回は新たなコース、新たなテーマで2コース。

一つは、古地図!!
そしてもう一つは、食べ歩き!!

新人ガイドの案内で、新緑の日光門前をぶらぶらとお楽しみつくしてください。
あなたの知らなかった「もう一つの日光」がきっと待っているはずです。

新春日光ぶらり第二弾

チラシPDF版はコチラから▼
2016春の日光ぶらり

 

 

CIMG8305

2015年5月開催時

12512690_570678989746695_4729012222207570686_n

2016年1月開催時

■日時:平成28年5月29日(日)
▷西町コース:10:30〜12:00
▷東町コース:13:30〜15:30
■テーマ
▷西町コース:古地図×西町さんぽ
▷東町コース:ちょい食べ日光グルメ×東町さんぽ

■お申込み

▷お申込みフォームはコチラから▼(追加)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/323b886c438459

▷mail又はFAXの場合はコチラから▼
nikkomonzen☆gmail.com

FAX:0288-54-2032
(☆を@に変えて送信下さい)

・お名前、連絡先、年齢、ご希望のコースなどご記入の上お申し込み下さい。
・定員20名、お申込み多数の場合は先着順で、予定数に達し次第〆切とさせていただきます。

それでは、たくさんのご参加お待ちしています!!(^o^)/

▶過去の関連記事
新春日光ぶらりを開催しました!(2016.1.20)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1267

ナイトウォークを開催しました!(2015.11.27)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1223

日光ぶらりを開催しました!(2015.6.3)
http://blog.npo-nikko.jp/?p=1063

(事務局)

新春日光ぶらりを開催しました!

新春は、ブラタ●リを辿って日光ぶらり。
1月10日と16日の2週に渡って「新春日光ぶらり」を開催いたしました。

1月10日(日)は日光東照宮編。
番組中にタモリさんを案内された、殿堂案内の春日さんに輪王寺・東照宮を案内いただきました。
限定20名はあっという間に定員になりました。
地元日光はもとより、仙台、東京、横浜そして長崎からも参加をいただきました。

この日の東照宮は大賑わい。人混みの間を抜う用に、説明を聴きながら進みました。

「日光東照宮は江戸のテーマパーク」と紹介されていた通り、万象結集したエンターテーメントな空間でした。
陽明門(改修工事中)を日暮しの門と呼ぶ通り、東照宮の見どころを拾い出したらいったいどのくらいの時間が必要になるものかと、途方もない事に思いを馳せてみました。

IMG_1502

IMG_1491

IMG_1493

IMG_1498

12487196_994968357229388_4707149157819491259_o

東照宮見学後は、希望者で金谷侍屋敷(歴史館)での見学とランチを。

ここでも、番組中に登場しタモリさんをご案内されていた館長の坂巻さんからご説明をいただけました。

「日光が“NIKKO”になった原点」ともいえる場所です。
一軒の侍屋敷を外国人旅行者に開放したことで、江戸以降のNIKKOの歴史がはじまります。

建物は、補修・改修されつつも往時を今に伝える佇まいがあります。また、庭にはイザベラ・バードの精巧なスケッチに残る木が今でも残っています。

IMG_1729

400年前の日光と、150年前のNIKKOを感じながら、時の重なりを大いに感じることのできる一日となりました。

翌週1月16日(土)は門前町編。

こちらも番組中にタモリさんが立ち寄ったスポットを辿るコース取りとなりました。
昨秋の日光ぶらりのテーマに続き、「日光の門前町はどうやって作られたのか?part2~社寺を支えた門前町」と題して、午前中は西町を、午後は東町を巡りました。

12512690_570678989746695_4729012222207570686_n

さらに今回は、番組風に各コースにテーマを設けました。

西町は「江戸時代、西町には誰が暮らしたか?~西町の生業を探る」と題して、西町という町の成り立ちと生業(なりわい)に注目しながら歩きました。
東町は「“はじまりの日光”と東町を守った地形、作った地形」と題して、地形と町の成り立ちについて注目しながら歩きました。自然地形と人口地形に注目してみると、日光の町がいかに「守られてきたか」が分かります。
詳しくは、今後のツアーのネタバレになるといけませんので、ここでは省略いたします。(お楽しみに!)

12509707_568108943337033_6869912054590879430_n

12507286_570678949746699_6311125383149264406_n

12513792_1049037798480824_3725444513426665161_o

この新春日光ぶらりに参加された方々からは、
「日光に住んでいても気に留めたこともなかった・知らなかった」
「日光によく来ているけど、まだまだ知らないことがたくさんあった」
「修学旅行以来の日光東照宮だったが、春日さんの話しは面白く、理解も深まった」
という感想をいただいております。
参加くださった皆様、ありがとうございました。

また、特に門前町編については、次回開催の問合せや、またの開催をご希望いただく声を多数いただいております。

まち歩き「日光ぶらり」は今後も続けます。
様々なテーマ、様々なコースで、日光門前を楽しんでいただけるようにと思います。(反省をもとに、工夫を重ねたいと思います。)

どうぞ、よろしくお願いいたします。

<事務局>