下野新聞の記事になりました!

4月18日付の下野新聞の地域限定日光版の記事で、日光門前・東町(ひがしまち)地区をご案内した様子が掲載されました。


まちあるきガイドツアー「日光ぶらり」でご案内しているスポットの中から、理事長・岡井と事務局長・小池がいくつかご紹介しました。

新しい街路のデザインに御幣があしらわれていること。
石屋町の街区公園には本家体が展示されており、江戸期の東照宮に関わる職人と日光の関わりが垣間見えること。
そして、「日光のはじまり」ともいえる星の宮と、「江戸期日光の災害と集団移転」の様子を想像させる稲荷神社(稲荷町)は写真付きで掲載されました。

新しい街路のデザイン。歩道にあしらわれた御幣。

石屋町街区公園内に展示されている本家体。かつて弥生祭で繰り出していたもの。現在は花家体が用いられている。

取材時の様子。

それぞれ日光の一歩深い部分に触れられる場所です。

“変わる街、骨格変わらず”
と大きく見出しをつけていただきました。
歴史を読み解き、“街の姿”を探るとまさにその通りで、取材中にお伝えした中の重要なポイントを読んでいただけたものです。

江戸後期の日光門前東町の様子を描いた「日光山志」の挿絵。 まちの基本的な構造は変わっていない。

様々感じることのできる日光門前。
まちあるきに良い季節になってきました。
日光門前まちづくりでは人数制限を設けながらまちあるきガイドツアー「日光ぶらり」のお申し込みを受け付中です。
諸々気をつけながら日光門前にお出かけ下さい。

〈まちあるき「日光ぶらり」のじゃらんでのご予約はこちらから〉
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000211892/

<事務局>

【掲載されました!】日光まちづくり講座の様子が下野新聞に掲載されました。

先日開催した「日光まちづくり講座」の様子が、下野新聞に掲載されました。

img-721164754+-01

記事の最後にもあります通り、今後もこういった場づくりを続けていこうと考えております。
よろしくお願いいたします。

(事務局)

感動発掘・発信インタビューに掲載いただきました。

感動創造研究所の感動発掘・発信インタビューにて当法人理事長・岡井のインタビューを掲載いただきました。

▼こちらでご覧いただけます。(本文はPDFで開きます。)
http://www.kandosoken.com/report/2013/05/05-1.html

日光歴史街道活性化コンソーシアムという日光街道を介した大きな連携・取組みがはじまろうとしています。
感動創造研究所様とは、この取組みを期にご縁を頂きました。

これまで、地元紙等で個別の活動を紹介頂いた事はございましたが、一連の活動について紹介をいただける機会は僅かでした。

本インタビューでは岡井本人のまちづくりにかける思いと共に、我々NPO法人日光門前まちづくりの活動内容や、その意図をご紹介しております。
まちづくりの“現場”の様子を、是非ご一読いただければと思います。

感動創造研究所様、貴重な機会をありがとうございました。

さて、日光のまちづくりはまだまだこれから頑張らねばなりません。

<事務局>